トップスポンサー広告>タブ機能が使えるテキストエディタ「Mery」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/--]
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
トップソフトウェア >タブ機能が使えるテキストエディタ「Mery」

タブ機能が使えるテキストエディタ「Mery」

mery

Internet ExplorerやFirefoxなどWebブラウザはタブ表示が出来ますが、Windows標準のメモ帳ではタブ表示が出来ません。
いくつものテキストファイルを開いて作業したいときデスクトップにウィンドウが多くあると作業しづらいです。


今回はタブ機能やプログラミング言語の色分けなど様々な機能が使えるフリーのテキストエディタ「Mery」を紹介します。


Mery

サイトにアクセスしたら、左側のメニューから「Meryダウンロード」をクリックしてファイルをダウンロードします。
バージョンがいくつかありますが「安定版」をダウンロードしておくといいでしょう。


インストール不要で解凍するだけで使えるので、解凍した「Mery」フォルダを自分の好きなところにコピーしておいてください。


「mery.exe」をダブルクリックするとエディタが起動できます。
まず「ツール」、「オプション」から設定メニューを開きオプションの設定をします。


「基本」タブの「折り返し方法」では改行がない文章を折り返すか設定できます。
改行が無い文章を見るとき右にスクロールをしないといけなくなるので「ウィンドウの右端で折り返し」にしておくといいです。


「表示」タブの「フォント」ではフォントやフォントサイズを変えられます。
メイリオフォントを使える場合設定しておくとかなり使いやすくなります。
デフォルト(MS ゴシック)
mery
メイリオ
mery


タブ機能を有効にしたい場合「ウィンドウ」の「タブ機能を有効にする」をチェックしてください。
オプションメニューからは設定出来ません。


最後にtxtファイルをmeryで開くよう関連づける方法を説明します。
どのテキストファイルでも良いので、「プロパティ」を開いてください。「全般」タブの変更をクリックするとtxtファイルを開くプログラムを変更出来ます。
ここで「mery.exe」を選択すると次回からtxtファイルは「mery」で編集出来ます。
mery


簡単なプログラムを作成するときなどテキストエディタを使用するときにはとても便利なソフトなので、よくテキストファイルを使う方は是非試してみてください。

web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2010/04/11]
ソフトウェア | TB(0) |


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lufesu.blog3.fc2.com/tb.php/25-ef587846










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。